出来るだけ高い金額でカメラ買取をしてもらうためには、買い取り査定時にいくつかのポイントを抑えることが重要です。例えば、このようなポイントを押さえて買い取り査定に臨むようにしましょう。

まず初めに、カメラ本体だけではなく、カメラ購入時の箱、取扱説明書、その他付属品などを、全てそろえた状態で査定に出すことが大切です。ついついカメラ本体にばかり気を取られがちですが、こうした付属品類があった方が、査定金額に影響を表しますので、可能な限りで揃えましょう。店舗によっては、全て揃っていないと買い取り不可としている場所もありますので、注意が必要です。もちろん、店舗によっては付属品が無くても買い取り可能な所もありますが、金額に大きな差が出ることに変わりはないでしょう。

次に、カメラ本体の汚れなどを、可能な限りきれいにしておくことが大切です。カメラのレンズの汚れをふき取る際には、傷をつけてしまわないように、専用の布、眼鏡ふきなどの柔らかい布を使いましょう。こうしたちょっとした気配りが、高価買取の大きな分かれ目となります。

このように、同じ商品でもちょっとした工夫で、買い取り金額がアップしやすくなりますので、注意が必要です。

Comments are closed.